地域で働くということ

October 5, 2018

こんにちは

 

本日は地域でご活躍の方たちが主催のサロンにお声掛けをして頂き、参加をしてきました。

 

お手製の

 栗きんとん

とってもおいしかったです。

 

私は簡単ですが、

2018年の介護保険の改正点中心に

お話をしてきました。

(※一部載せておきますね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、介護者向けのサロンということでしたが、ご自身たちが年齢を重ねる中で、

自分たちも勉強したり楽しく過ごせるようなサロンへの転換を図っていかれているとのこと。素晴らしいことですよね。

 

本日も施設入所のこと、小規模多機能とはなにか、どういう声掛けをしたらいいのか等々介護にまつわる多くのご質問が出て盛況でした。

 

私どもは民間の企業になりますが、

何か困ったことが生じたときに相談してもらえるような間柄になっていけるといいと思いますし、そうでありたいと願っています。

 

事業者との顔の見える関係もチームで支援する上ではとても大切だと思いますが、

働いている地域で、地域住民の方々と顔の見える関係ができたらそこでやっている意味や意義があるなあと感じています。

 

民生委員を退任された後も小学校でお話ボランティアや学校支援コーディネーターをやられているお話などを聞き、多世代交流のヒントをもらったような気持ちになりました。

 

地域包括ケアの実践はこういったところから始まるんだと改めて感じました。

 

ちなみに本日私誕生日でした。

31歳になりましたがまた31「いち」から気持ちを新たに頑張っていこうと思います。スタッフにサーティーワンのケーキのお祝いをサプライズでしてもらいました。

 

              赤津

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

July 8, 2019

March 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square