かげ茶

毎週訪問させていただいている利用者さんのYさんはお一人暮らしです。

でも、Yさんは毎朝お茶を2杯淹れてらっしゃいます。

1杯はご自身の分で、もう1杯は奥様の分。

奥様は今、体調を崩されていて一緒に暮らせていないのですが、毎朝奥様のお茶も淹れてらっしゃるのです。

毎日毎日、どうしてるのかなぁと奥様のことを思い、奥様のお茶を淹れる。

目の前にいない人を想いながら淹れるお茶を“かげ茶”というそうです。

Yさんが教えてくださいました。

そんな風に想われている奥様は幸せだなぁと思いますし、そういう風に思える相手に出会う事が出来たYさんもとても幸せなのではないかなと思います。

かげ茶。

少し切なくて、でもとても温かく素敵な習慣ですよね。

吹く風が冷たい季節となりましたが、Yさんとお話をしていると心温まることが多く、訪問看護をやっていて良かったなと思わせてくれるひと時です。

看護師 TUN

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事