かげ茶

毎週訪問させていただいている利用者さんのYさんはお一人暮らしです。 でも、Yさんは毎朝お茶を2杯淹れてらっしゃいます。 1杯はご自身の分で、もう1杯は奥様の分。 奥様は今、体調を崩されていて一緒に暮らせていないのですが、毎朝奥様のお茶も淹れてらっしゃるのです。 毎日毎日、どうしてるのかなぁと奥様のことを思い、奥様のお茶を淹れる。 目の前にいない人を想いながら淹れるお茶を“かげ茶”というそうです。 Yさんが教えてくださいました。 そんな風に想われている奥様は幸せだなぁと思いますし、そういう風に思える相手に出会う事が出来たYさんもとても幸せなのではないかなと思います。 かげ茶。 少し切なくて、でもとても温かく素敵な習慣ですよね。 吹く風が冷たい季節となりましたが、Yさんとお話をしていると心温まることが多く、訪問看護をやっていて良かったなと思わせてくれるひと時です。 看護師 TUN

ケアマネージャーさん

うちの訪問看護ステーションは居宅介護支援事業所に併設されています。 居宅介護支援事業所で働いているのはケアマネージャーさんです ケアマネージャーという職業はもちろん知っていました。 では仕事内容は何?と問われたら、漠然としたもので、ケアプランを考えてくれる人、程度の知識しかなかった私。 でも実際に間近でケアマネージャーの仕事を見て初めて知りました。 本当に多岐に亘っていて大変なお仕事なのだということを。 1人の利用者さんがご自宅で暮らしていくのに必要なサービスは、訪問介護・福祉用具・訪問看護・訪問診療・訪問入浴・デイサービス・配食サービスなどなどなどなど、人それぞれですが多くの利用者さんは複数のサービスを使われています。 例えばケアマネージャー1人が担当している利用者さんが20人いて、利用されているサービスが平均4~5か所だとすると、80~100か所の手配が必要です。(うちのケアマネ達はもっと担当している利用者さん多いです!) その人に合わせたサービスを考えて、選定して、手配して、サービスが合っているかアセスメントして、時に練り直して、利用者さんの状況は常に変化するので変化に合わせた対応を即座に求められたりもして。 本当に四六時中、電話が鳴っているんです。 そして時には一人暮らしの方のお話相手をしたり、 介護をされているご家族の悩み相談の相手になったりと精神的なサポートもされたりしています。 必要ならば臨時で訪問をされたり、時に外出の付き添いをしたりも。 地域での生活を支えている職種はいっぱいあるけれど、支柱となっているのはケアマネージャーさんだなって思います。 本当、すごいん

最新記事
まだタグはありません。
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
@2018 ichikara Ink.

有限会社 スズコンタクトレンズ

いちから居宅介護支援事業所     

いちから訪問看護ステーション     

〒156-0052

東京都世田谷区経堂2-27-20

リリーオブザバレー102     

居宅介護支援

TEL 03-5799-4435      FAX 03-5799-4436

訪問看護

TEL 03-6413-9136      FAX 03-6413-9137