訪問看護師7つ道具 その②スマートフォン&ipad

久しぶりの「訪問看護師7つ道具」の その2はスマートフォンとi-padです。 朝、事務所に出勤して朝礼をしますが、 その後はそれぞれが自転車で担当の利用者さんのお家に伺います。 単独行動の不安を解消してくれるのがこの2つ。 スマートフォンはもしなかったら仕事にならないといっても過言ではありません。 うちのステーションでは連絡手段として電話やLINE等を使っていたり、 スケジュール管理もこれで行っています。 そしてipadは電子カルテの入力をしています。 利用者さんのお家でバイタルサインを測定しその場ですぐに入力できたり、 薬や検査データ等の書類を写真にとって残しておけるので 事務所に戻ってからの記録が楽にできます。 もし10年前に訪問看護を行っていたらこの2つがなかったんだと思うと 今の時代で良かったと心から思います。 一人で判断に困った時や急な対応をせまられたときに、 すぐに管理者やスタッフに相談したり、 過去の記録等を確認したりできるので安心感があります。 ひとりだけどひとりじゃない。 繋がりを感じさせてくれる大切な訪問看護7つ道具のうちの一つです。 看護師 TUN

最期の電話

ようやく暖かくなってきましたね。 昨年の夏に居宅事務所併設の訪問看護ステーションをスタートさせて、 秋と冬が過ぎ、4つ目の季節を迎えようとしています。 お陰様で順調にご依頼をいただいており、 無事に季節を一巡出来そうです。 昨年の秋の終わりの話。 うちの居宅のケアマネージャーと組んで担当させていただいた利用者のSさんは独り暮らしでした。 Sさんは寂しがりやでよくケアマネージャーに電話がかかってきていました。 日常生活で困っていることやちょっとした相談事など、 誰かに話をしたい時に聞いて欲しい相手だったのだと思います。 看護師が訪問した時も度々ケアマネージャーの話をしていて、 2人の関係性のよさを感じる事が多くありました。 ある時、急に体調を崩されたSさんは、 お家で過ごすことが難しくなり入院されました。 入院してからも、Sさんは度々ケアマネージャーに電話をしていました。 そして、Sさんは退院することなく旅立たれました。 Sさんが最期に電話を掛けた相手は、ケアマネージャーでした。 人生最期の時に電話を掛けたいと想える相手がいるっていいですよね。 そんな風に利用者さんに頼られているケアマネージャーは、 身内ながらすごいと思いますし、人として素敵だなと思います。 仕事をしていると、うれしいことや楽しいこともありますが、 ときに悲しみとか不安とか後悔や無力感とか色んな感情を抱くことがあります。 それも全てひっくるめて、いい仕事だなって思える職場で働けているのは 有難いことですし、このステーションと居宅事務所が私はとても好きです。 管理者3人の人柄が良くて、 きっとその暖かみが利用者さん

最新記事
まだタグはありません。
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
@2018 ichikara Ink.

有限会社 スズコンタクトレンズ

いちから居宅介護支援事業所     

いちから訪問看護ステーション     

〒156-0052

東京都世田谷区経堂2-27-20

リリーオブザバレー102     

居宅介護支援

TEL 03-5799-4435      FAX 03-5799-4436

訪問看護

TEL 03-6413-9136      FAX 03-6413-9137